Panasonic LUMIX S1Hについて

本日は9月23日秋分の日であり、お彼岸でもある。


そして明後日9月25日はLUMIXSシリーズ3台目となるS1Hがいよいよ発売される。


私は動画関連に真っ暗であり、写真と動画のハイブリッドであるS1を持っていながら動画はほとんど撮らないでいる。


なので今回の記事は素人が見たS1Hへの薄い感想であり、S1Hのことを知りたくてこの記事に辿り着いた人が読んでもなんの参考にもならない内容だと思われる。申し訳ない限りだ。


私も動画に興味が無いわけではないのだが、いまはまだ写真の方が楽しく動画にまで手を出そうという気持ちにならないのだ。


そんな私から見たS1Hは同じSシリーズのカメラを持っているのに、それは全く別物のカメラのように思えて仕方ない。


S1Hに関するレビューや紹介記事を読んでも、いまいちよく分からない。


とてつもなくすごい凄い性能を持ったカメラだということは分かるのだが、その凄さの尺度が計れずにいる。


やはりそれは動画関連に対しての私の無知が原因である。


なんせ家にテレビが無いくらいで6Kと言われても、とても綺麗なんだろうなとは分かるが実感としてはピンとこない。


ただ、世間の反応としS1Hは動画機として非常にコストパフォーマンスの高いカメラと言われているようだ。


確かにガチの動画機は何百万とするようなので、S1Hの50万ちょっとは相当安いと思う。


そして、S1Hはそんな何百万もするような動画機と比較されるくらい凄いカメラのようだ。


もちろんS1Hはまだ発売されていないので、これからどんな評価になっていくのかは分からないが、今のところは好評価のようだ。



そういえば、S1Hの機能的になぜカメラの形にしているんだ?シネマカメラの形でもいいんじゃないか?といった意見もあるそうだ。


この辺りも私は分からないが、「ジンバルやドローンに載せれるようにカメラの形をしている」という意見を見て、個人的にはああなるほどと納得した。


S1Hはそういった部分で必要としている人たちも狙っているのだろう。


実際のPanasonicからのプロモーションビデオでも、S1Hをドローンに載せて空撮している場面があったので、やはりそういうことなのだろう。



そしてS1Hで撮られた映像はとても綺麗である。


YouTubeにS1Hで撮られた動画があげられているが、そのどれもが息を呑むような美しさだ。



しかもS1Hは撮影時間が無制限であるようだ。


撮影時間無制限がどれほど需要があるのかは知らないが、撮影時間に制限があるより、無制限で撮影出来た方が絶対良いのは間違いないだろう。



またメニューもより動画寄りのメニューになっているようだ。


記録モードも多彩にあるようで幅広いニーズに対応
してくれそうだ。


そういった所もS1Hが凄いと言われる所以なのだろう。



そうそう、それと動画素人から見て1番驚いたのが、S1Hにはファンが搭載されていることだった。


このファンのおかげで熱暴走を防ぎ、時間も無制限で撮影出来るのだが、やはりファンが搭載されているのは驚きだった。


それもあってS1HはS1やS1Rより大きくなっているようだが、そもそもの動画機が大きいものばかりなのでS1Hはむしろ小型とさえ言われている。


S1やS1Rが散々大きいや重いなど言われてきたのに対し、その2つより大きくて重いS1Hが小型と言われるはなんとも面白い。


やはり狙う層によってリアクションも全く変わるものである。



だらだらと書いてしまったが、今回は動画の素人から見たS1Hの感想を書いてみた。


そして世間の反応を見ていると、もしかしたら'"S1やS1RよりもS1Hの方が売れるのではないか"という空気を感じるのだが果たしてどうなるのか。


なんにせよライカ、シグマ、パナソニックのLマウント連合が盛り上がることは非常に嬉しいことである。


Lマウント使用者が増えるよう、S1Hにはぜひ頑張って欲しいものである。